※ 当サイトではアフィリエイト広告を利用しています。

香水初心者必見!モテる付け方完全ガイド|ビジネス・デート・パーティー日々の香りを彩る!

※ 当サイトではアフィリエイト広告を利用しています。
※Amazonのアソシエイトとして、とうりの香水手習いは適格販売により収入を得ています。
※価格は24時間以内に情報を取得した時点のものであり変更される場合があります。

香水はただのアクセサリーではありません。それは、個人のスタイル、気分、そして場面を表現する力強いツールです。この記事では、香水の魅力的な世界を紐解き、あなたがその香りを自分の生活に取り入れる方法を探求します。香水の基本から、特別な日々やビジネスシーンでの使い方まで、幅広い情報を提供します。香水が持つ魅力について知れば知るほど、あなたの日常はより豊かなものになるでしょう。香りの選び方、付け方、そしてシーンに合わせた使い分け方まで、香水に関するあらゆる疑問を解決します。共感し、学び、そして自分だけの香りを見つける旅に、この記事があなたを導くことでしょう。

香水の種類と特徴

香水は、その香りの濃度や特徴によって様々な種類に分けられます。これらを理解することは、自分に合った香水を選ぶ上で重要です。

  • パルファム(Parfum): 最も濃度が高い香水で、香りが長持ちします。少量で強い香りが楽しめるため、コストパフォーマンスも高いです。しかし、その分価格は高めで​​す。
  • オーデパルファム(Eau de Parfum): パルファムよりは濃度が低いですが、それでも比較的強い香りを持ちます。日常使いに適しており、香りの持続時間も長いで​​す。
  • オードトワレ(Eau de Toilette): 軽い香りが特徴で、香りの持続時間は短めです。気軽に使えるため、デイリーユースに最適です。
  • オーデコロン(Eau de Cologne): 最も軽い香りを持つ香水で、さわやかな香りが特徴です。気分転換やリフレッシュに適しています。

これらの種類を理解することで、シーンに合わせた香水選びが可能になります。例えば、ビジネスシーンではオードトワレやオーデコロンが適していることが多いです。また、特別な日のためにパルファムやオーデパルファムを選ぶこともできます。

香水選びの際には、香りだけでなく濃度も考慮して、自分のライフスタイルや好みに合わせて選ぶことが重要です。これにより、香りを楽しみながらも、周囲に不快感を与えることなく使用できます。

香水の正しい付け方

香水の付け方には、香りを最大限に引き出すための適切な場所があります。香水には、体温の高い場所に付けるとよく香るという特性があるからです。身体の中で体温の高い場所とは、血管が多く集まる場所のこと。

具体的には、アキレス腱、膝の裏、太ももの内側、わき腹、胸、手首の内側、肘の内側、首、うなじ、耳の後ろなどに大きな血管が通っており、比較的温かい部位になります。

香水の付ける場所とその理由

香水は下から上に立ち昇るという特性があります。そのため、上半身に香水を付けると、自分より背の高い人だけに良く香り、自分より背の低い人にはあまり香らないという事が起こります。

特に男性は、女性よりも背が高いと思いますので、首や耳の後ろという選択肢はありません。

香水の付ける場所 – 女性編

失礼な話、例えば身長の高い男性を好みとする女性が、首や耳の後ろに香水をつけ、身長の高い人にだけ特にアピールしたいといった場合には、耳の後ろや首筋といった高い場所に香水を付ける選択肢もありとなります。

ただしこの場合、身長が同じくらいの人にとって、香水を付けた場所と近くなるので、場合によっては臭い、付け過ぎと思われてしまう可能性もあるので注意が必要です。耳の後ろや首筋に香水を付けるという選択は、諸刃の刃的な利点と欠点があることを考慮しましょう。

同じくらいの身長の同性からは、「香水の付け過ぎ。アピールしすぎ。臭い」と揶揄される可能性をはらみます。

また、下から上に香るという特性上、上半身ばかりいい香りだが、下半身は香水の香りが薄く、体臭のみという事になります。つまり、デートの後にホテルに行くような予定がある場合には困ります。

おすすめは上半身よりも、下半身です。具体的には、アキレス腱、膝の裏、太ももの内側。高くてもわき腹まで。下から上に香るという特性上、全身に優しくほんのり香りが広がるといった感じに、香水でコーティングしたような効果をもたらします。

スカートを履いて出かける場合には、くるぶしや膝の裏、太ももの内側がおすすめ。スカートが揺れるたびに香るので魅力的です。揺れるものに本能をくすぐられる男性にとっては、スカートの揺れと、揺れるたびに香る香水との相乗効果が期待できます。

香水のつけ方 – 男性編

男性、特に身長の高い方は問答無用で下半身に香水をつけることをおすすめします。理由は、大事なので何度も記載している通り、香りが下から上に立ち昇るからです。

胸より上に香水をつけてしまうと、肝心の異性、つまりあなたよりも背が低いであろう女性に香りが届きにくくなるのです。

特に背の高い男性が胸より上に香水を付けると、その香水の香りを楽しめる人間は同性、つまりはオスばかり。女性が好きな人は気をつけましょう。

具体的には、アキレス腱、膝の裏、太ももの内側、わき腹などがおすすめです。

付けるタイミングとその重要性

香水の効果を最大限に活かすためには、適切なタイミングでの使用が重要です。

香水の香りの立ち方は3段階に変化します。香水を付けてから10分くらいの香りはトップノートと呼ばれ、アルコールの香りとツンとした刺激的な香りが特徴です。トップノートは誰もが「いい香りだな」と思う香りではありません。「キツイな」と思われがちな香りです。

香水本来の香りは、全ての香料がバランスよく香るミドルノートと呼ばれる時間帯。香水をつけてから30分〜3時間くらいまでの香りがミドルノートと呼ばれる香水本来の香り(※オーデコロンの「ミドルノート」はつけてから30分〜1時間くらいまで)。もっともいい香りがするのはミドルノートということになります。

ですから大切な人と待ち合わせている時であれば、香水をつけるタイミングは待ち合わせの30分〜1時間前がベスト。会う30分〜1時間前に香水をつけておけば、最もいい香りのする、最も魅力的なあなたを印象付けることができます。

付ける量と香りの強さの調節

香水の付ける量は、その香りの強さを適切に調節するために非常に重要です。

  1. 基本のルール: 一般的に、香水は1カ所につき1プッシュが目安です。この量ならば、香りが強すぎず、自然な香りを演出することができます。
  2. 香水の種類による調節: 香水の種類によって香りの濃度が異なります。例えば、パルファムは濃度が高いため、少量で十分な香りが得られます。オードトワレやオーデコロンは軽い香りなので、やや多めに使うことが一般的です。
  3. 体温と香りの関係: 体温が高い場所に香水を付けると、香りがより強く感じられます。そのため、体温の高い箇所に香水を付ける場合は、量を控えめにすると良いでしょ​​う。
  4. 場面に応じた調整: 日常使用と特別なイベントでは、香りの強さを調整することが重要です。普段使いでは軽めに、特別な場面では少し強めの香りが好まれることがあります。

香水を吹きかける回数は最大2回まで コロンなど香りが薄い香水に限り3~4回

香水をつけてから10分経過してもなお、常に自分でその香水の香りを感じているようであればそれはつけすぎです。

ふとした瞬間や、動いた瞬間だけ香るのであれば良いのですが、常に自分で自分の香水を感じられてしまうのが問題。

自分で常に「いい香りだな」と感じている場合、周りの人は臭いと感じている可能性が高いといえます。

ですから香水は最大でも吹きかける回数は2回まで。それ以上は逆効果(臭いと嫌われる)だと割り切りましょう。

誰にでも好かれるようにするには、ほのかに香っているくらいがちょうど良いのです。シトラスノートやアクアノートなど、爽やかな香りや香り成分の薄いコロンであれば、3〜4回くらい付けてちょうどいい香水も中にはあります。すべてではありません。その場合にも、臭くないかどうか気を配りましょう。

香水についてよくある失敗とその解決法

香りが強すぎる時の対処法

香水を付けすぎた場合、その強い香りは周囲に不快感を与える可能性があります。以下は、香りが強すぎるときの対処法です。

  1. 流水で洗い流す: 手首や首筋などに香水を付けすぎた場合、水で洗い流すことで香りを弱めることができます。水で軽く洗うことで、香りが程よく落ち着きます。
  2. ウェットティッシュで拭く: 水で洗うのが難しい場合は、ウェットティッシュで軽く拭き取る方法も有効です。これにより、香りが穏やかになります。
  3. 香水を薄める: すでに香水をつけてしまった場合は難しいですが、香水が強すぎると感じたら、次回から香水を薄めて使用する方法もあります。香水を少量のアルコールや無香料のローションと混ぜることで、香りを軽減させることができます。

香りが持続しない時の対処

香水の香りが持続しないという問題はよくありますが、いくつかの対策で改善が可能です。

  1. 保湿をする: 乾燥した肌よりも保湿された肌の方が香りが持続しやすいです。香水を付ける前に無香料のローションやオイルで肌を保湿しましょう。
  2. 服に吹きかける: 香水を直接肌に付けるだけでなく、服にも軽く吹きかけることで、香りが長持ちします。ただし、香水の種類によってはシミになる可能性があるので注意が必要です。
  3. 耳の後ろや手首に付ける: 耳の後ろや手首など、体温が比較的高い部位に香水を付けると、香りが持続しやすくなります。
  4. 香水の再塗布: 外出先で香りが弱まったと感じたら、香水を少量再塗布することも一つの方法です。持ち歩き用の小さいサイズの香水を用意すると便利です。

特別なシーンでの香水の活用法

デートやパーティーでの香水の使い方

デートやパーティーなど、特別なシーンでは香水の選び方や使い方が重要です。以下のポイントに注意して、適切な香水を選びましょう。

  1. シーンに合った香りを選ぶ: デートでは柔らかくて甘い香りが好まれることが多いです。一方、パーティーでは少し華やかで存在感のある香りが適しています。
  2. 季節を考慮する: 春や夏は軽やかでフレッシュな香り、秋や冬はウッディやスパイシーな香りがマッチします。季節感を考慮することで、香りの印象がより一層引き立ちます。
  3. 控えめにつける: デートやパーティーでは、人が近い距離で会話をすることが多いため、香りは控えめにすることが大切です。少量を耳の後ろや手首に付けると良いでしょう。
  4. 香りの変化を楽しむ: 香水のトップノート、ミドルノート、ラストノートの変化を楽しむことも、特別なシーンでの香水の醍醐味です。時間の経過と共に香りが変わることを意識して選びましょ​​う。

これらのポイントを踏まえることで、デートやパーティーでの香水選びに失敗することなく、自分らしい魅力を最大限に引き出すことができます。

ビジネスシーンでの香水の選び方と付け方

ビジネスシーンでの香水使用は慎重さが求められます。以下のポイントに注意して、適切な香水を選び、効果的に使いましょう。

  1. 控えめな香りを選ぶ: ビジネス環境では、過度に強い香りは避けるべきです。フレッシュで軽い香り、または控えめなウッディやスパイシーな香りが適しています。
  2. 付ける量を抑える: 香水は少量を使用し、香りを控えめに保つことが大切です。強い香りは周囲に不快感を与える可能性があるため、1プッシュ程度に留めましょう。
  3. 体温の高い部位に付ける: 香水は体温が高い部位に付けることで、自然に香りが広がります。手首や耳の後ろなどがおすすめですが、量は控えめにしましょ​​う。
  4. シーンに合わせた選択をする: 重要な会議やプレゼンテーションでは、より控えめな香りを選ぶべきです。一方、ビジネスカジュアルな環境では少し個性的な香りを選んでも良いでしょう。

ビジネスシーンでは、香水の選び方と付け方によって、プロフェッショナルな印象を与えることができます。香りは控えめに、かつ自分の個性を表現するツールとして活用しましょう。

ビジネスからデート、昼休みのタッチアップ(付け足し)

香水は時間経過とともに香りが消えていきます。4種類ある香水の持続時間はそれぞれ異なりますが、どの種類であってもタッチアップ(付け足し)が必要です。

香水も、化粧直しと同じように香水直しが必要なのです。ですから、化粧品同様、香水もアトマイザーに入れて持ち歩くことをおすすめします。

タッチアップする目安は、香水をつけてからパルファムで6時間、オーデパルファムで5時間、オードトワレで4時間、オーデコロンで2時間経過後です。

手首などの露出する場所にタッチアップする場合には注意。すぐに職場仲間などに近づいてしまうと、臭いと不快感を与えてしまう可能性があります。手首にタッチアップした場合には、香水をつけた手首をサッと水で洗い流します。いい具合に香水が洗い流されることで、トップノートのツンとした香りが抑制されます。

タッチアップするおすすめの場所は、アキレス腱、膝の裏、太ももの内側、わき腹。服の下に隠れる場所だったり、鼻から遠い場所ばかりですので、つけたばかりであってもツンとした不快な香りを周りにまき散らさなくて済みます。

どうしても、服の下や下半身に香水をタッチアップできない場合に限り、水で洗い流すことをセットにして手首へのタッチアップを選択しましょう。

仕事ではきっちり! デートでは甘く! 香水を切り替える方法

2種類の香水を混ぜてつけるのは原則禁止

香水はなんと、実に50〜200種類以上の香料が混ぜられて作られています。時間経過とともに雰囲気を変えるとても複雑な香り、それが香水です。

多くの香料が混ぜられているにも関わらず、いい香りに仕上げてしまう調香師たちの鼻はもう、人の域を超えていると言っても過言ではありません。

芸術作品のように仕上がっているいい香りのバランスは、当然他の香水と混ぜ合わせてしまうと一気に台無しになります。混ぜ合わせた香水もまた、芸術級のバランスで50〜200種類以上の香料が混ぜられて作られているからです。

異なる香水を付ける前には必ずシャワーを浴びることが理想だが……

他の香水をつける前には必ずシャワーを浴びてしっかり香水を流しきってからが理想的です。しかし仕事後(終業後)にデートなどの約束がある場合、シャワーを浴びに一度家に帰れるほどの時間がない場合もあるでしょう。

そんな時には、香水の持続時間を計算して異なる香水を付ける選択肢もあります。

夜デートだからといって職場にデート用の香水を付けてはいけない

仕事中につける香水があまりにもきつかったり、甘かったりしたら、それは職場にふさわしい香りとは言えません。個人を主張してなんぼの職業でもない限り、きつい香りや甘い香りは職場にふさわしくありません。

多くの場合はシトラス系やウッディ系(グリーン系)など、比較的爽やかな香りの方がふさわしいと言えます。異なる香水をつけてはいけないからといって、安易に、職場で付ける香水にデート用の甘い香水を選んではいけないという事です。

しかしそうなると今度は、シトラス系やウッディ系(グリーン系)などの爽やかな香りでは、デートにふさわしい香水といえません。

職場で見られたい自分(理想像)と、恋人に見られたい自分(理想像)は、分けてしまうことをおすすめします。

職場でのあなたの顔は、知的でクールな感じでしょうか。爽やか(シトラス系やハーバル系)だったり癒し系(マリン系)かもしれませんし、どしっと構えた頼り甲斐のある上司(ウッディ系やスパイシー系)かもしれません。

どのような姿勢で仕事に挑んでいるのであれ、その香りが職場の理念や雰囲気にあっていることが前提条件です。さらには職場仲間に見られたい自分にあった香水であると良いと思います。

職場に合った、職場での顔にぴったりな香水の香りが、恋人とのデートにもぴったりなのかどうか、改めて考える必要があるでしょう。

職場とデートの香水が一緒だとデートが台無しになる!?

職場とデートと香水を分けることをおすすめする理由は、ふさわしいかどうかだけではありません。特に恋人と職場が同じ方は注意が必要です。

過ごしやすい素材の普段着と、ビシッとしたスーツ、着替えるだけで気持ちが切り替わりますよね? 香りは五感の中で唯一、直接感情に作用します。そのため、香水を着替えるということは、知らず知らずのうちに、着物を着替える以上に気持ちを切り替えることのできるアイテムになっています。

どういうことかというと、職場とデート香水を別種に切り替えないと、職場の顔のまま恋人と会うことになりかねません。楽しいデートが台無しになってしまう可能性があるということです。

職場での愚痴を永遠と聴かせてしまったり、挑むプロジェクトで頭がいっぱいになって恋人の話をろくに聞いていなかったり。楽しいはずのデートが台無しになった経験、誰にでもあると思います。

一緒に暮らしている方や同じ職場の場合はなおのこと注意が必要。職場とデートの香水が同じだと、実は恋人も気持ちを切り替えることができません。職場用や普段用のあなたの香水の香りが、恋人の脳にも記憶されているからです。

同じ職場で近しい位置にいるのであれば、仕事中ずっとあなたの香水の香りを感じています。

そもそも恋人に、自分のためだけに付けてもらえる特別な香りだと感じてもらうこともできません。

このように、仕事とデートというTPOに合わせる理由だけでなく、自分と恋人の気持ちを切り替えるという意味でも香水を活用できます。仕事中とデート中の香水を変えるメリットは大きいのです。

「ここからはデート。恋人の前にだけ見せる自分に」って言葉に出しながら仕事中と異なる香水をつけると、なおのこと気持ちを切り替えることができると思います。恋人も、自分のためだけにつけてくれる特別な香水を感じることで気分が切り替わり、あなたを楽しませるモードになってくれる可能性が高まります。

仕事中の香水と終業後のデート用香水 上手な使い分け6つの方法

仕事用の香水はきっちり職場にふさわしい香りを選択

仕事後にシャワーを浴びる時間がない人は特に、仕事中の香水をソフトな香りの香水を選びましょう。デート中の香水のバランスを崩さなくて済みます。

職場の理念にあった香りの中から、職場の仲間に見られたい自分にふさわしい香水を選んでいれば、自然と、シトラス系・ウッディ系(グリーン系)・マリン系・フルーティ系・フローラル系などの香水を選ぶことになると思います。

昼食を最後に仕事用香水の付け足しをしない

仕事の後にそのままデートする方は特に、オードトワレ(持続時間3〜4時間)またはオーデパルファム(持続時間5時間)を仕事用の香水として選びましょう。香水の持続時間の管理がしやすいからです。

12時半に香水のタッチアップをするのであれば、オードトワレなら16時半、オーデパルファムなら17半には香りがほとんど抜けています。

帰るとき、18時過ぎにタッチアップすれば、仕事用の香水の香りが抜け、デート用の香水の香りのバランスを崩す心配がなくなります。

恋人の職場が同じ場合には付ける場所を工夫する

恋人とあなたの職場が違う場合。仕事が終わって、デート用の香水をつけて、恋人と会うまでに、10分以上の間が空くと思います。その場合には特に工夫する必要はありません。問題は、恋人と職場が同じ場合。

何が問題なのかというと、デート用の香水を付けて、10分以内に近づくことになるからです。そのため、アルコールのツンとした刺激の強い香りが恋人に襲い掛かるのです。

ですから付ける場所の理想は、脇腹、膝の裏、もしくは太ももの内側。仕事が終わったらトイレなどの場所で、デート用の香水を、わき腹など服に隠れる部分に付けるようにすれば、香り初めのツンとしたきつい香りを抑制できます。

どうしても服に隠れる部分に香水を付けられない事情がある場合には、手首に付け、水で軽く洗い流しましょう。首筋は危険です。水で洗い流すことができないからです。

デート時に服を脱ぐ予定であればなおのこと脇腹、膝の裏、太ももの内側がおすすめ

大人の話になりますが、恋人の前で服を脱ぐ可能性がある場合にはなおのこと、脇腹、膝の裏、太ももの内側に香水を付けることをおすすめします。服を脱いだ時、あなたの体臭とともに、香水の魅力的な香りが一気に解放されるからです。恋人はもちろん、自分の気分も高まります。

気合を入れすぎて3回以上プッシュしないこと

大好きな恋人とのデート。自分のニオイが気になるかもしれませんが、気合を入れてついついたくさんの香水を付けてはいけません。好かれたいのであれば最大でもプッシュは2回まで。

3回では匂いがきつくて臭いと思われる可能性大。ほんのり香るくらいがいい香りで大人の付け方。香水の香りでプンプンさせていると、臭いとか、ケバいとか、いい印象は得られません。

職場用香水とのコントラストを表現できるデート用香水

職場でつける香水の種類は、会社の理念や雰囲気に合わせてシトラス系・ウッディ系(グリーン系)・マリン系・フルーティ系・フローラル系になると思います。

そこで、デート用香水にはあえて、職場用の香りとは真逆の種類を選びます。

例えば、スパイシー系やオリエンタル系、もしくはグルマン系など。特に、恋人と職場が同じ場合に効果的です。どんなに鈍感な人であっても、はっきりと香りの印象が変われば気が付きます。

職場用とデート用、異なる香水とはいえ同じ種類の香水を選んでしまうと、気が付いてもらえなかったり、デートの雰囲気に変えたりが難しくなります。

香りの印象ががらりと変わってコントラストが強く表現されると、人はその雰囲気に圧倒されたり、見惚れてしまったり、何らかの情動を刺激できます。

ギャップやコントラストを狙って、恋人がそわそわしてくれたら喜びを得られると思います。

不快にさせる!? 香水の付け方・付ける場所に注意

ここからご紹介するのは、嫌われてしまう可能性をはらむ、香水の付け方、香水を付ける場所についてになります。

香水を付けた後にこすり合わせてはいけない

嫌われるわけではありませんが注意があります。香水を付けた後、こすり合わせていませんか? 手首で伸ばすようにしてこすり合わせる行為。これはおすすめできません。自然乾燥が一番です。

理由は3つ。こすり合わせると香りが落ちやすくなる、もしくは落ちてしまう。もう一つの理由は、香りが変質してしまう恐れ。最後に、手首に香水がついてしまうから。

香水にはアルコールがたくさん含まれています。アルコールは揮発性が高いので、もともと乾燥(気化)しやすい性質を持っています。すぐに乾くので、手や服などで煽るようにしましょう。擦ることはおすすめしません。

汗をかきやすい「胸」と「脇の下」に付けると嫌われる可能性あり

胸と脇の下は汗をかきやすい場所。特に夏場。香水は汗によって香りが変質します。また汗を拭わずに放置すると雑菌が繁殖します。香水と雑菌のマリアージュ。いやですよね? 

雑菌の繁殖を防ぐためデオドラントシートで拭くと、汗で流された香水がさらに剥がれます。ですから、デオドラントシートでよく拭く場所、胸や脇の下といった汗をかきやすい場所には、香水を付けない方が無難です。

脇の下の匂いが気になる場合には、脇の下に汗の専門家デオドラントスプレーを付けます。香水は脇腹やアキレス腱などにつけましょう。夏なら汗をかきにくいアキレス腱。もちろん、デオドラントスプレーの香りと香水の香りの相性も考えましょう。

汗をかいている場合はデオドラントの後に香水

汗をかいている場合には、まずはデオドラントシートで汗をしっかりぬぐいます。汗そのものが匂わなくても、長時間汗に濡れた状態でいると雑菌が繁殖して臭くなってしまうからです。

汗をしっかり拭ったら、脇の下にデオドラントスプレーをします。デオドラントは、汗を抑制するだけでなく、雑菌の繁殖を抑えて臭いを防ぐ効果があるのです。

香水には汗の抑制や雑菌の繁殖を防ぐ効果はありません。デオドラントで下地をつくってから、その上に香水を拭きかけます。ちょっとお化粧の感じと似ています。

デオドラントの香りは、香水と同系統がおすすめです。

香水と汗の相性は最悪です。香りが汗で変質してしまわないよう、デオドラントと香水は併用しましょう。また、デオドラントで汗を抑制することで、香水が汗で流れにくくなるようにできます。

鼻と距離の近い「首」に付けると嫌われる可能性あり

最も有名な香水を付ける場所ではありますが、首筋に香水をつけることはおすすめできません。直接鼻を刺激するだけでなく、皮膚が敏感だからです。

そもそも香水は、化粧やファッション同様、自己満足のためだけでなく、むしろ周りの人を心地よい香りで満たすことの方が重要です。

少なくともこのページでは、モテる香水の付け方・付ける場所をご提案するページです。誰にでも好かれたいのであれば、首筋はナンセンスです。

人の鼻との距離が近いので、少量しか香水を付けていなくても、香水を付け過ぎて臭いと思われてしまいかねないのです。

後ろにいる人に臭いと思われがちな「うなじ」と「耳の後ろ」に付けると嫌われる可能性あり

うなじと耳の後ろをおすすめしない理由は首筋と同じです。鼻との距離が近いからです。電車など、人ごみを移動する予定のある方はもちろん、集団行動するご予定の方にもお勧めしません。誰かしら後ろに人が立つからです。

拡散性が高く、香りが取れやすい「手首」に付けると嫌われる可能性あり

手首は首と同じくらい、一般的に香水がつけられる場所です。しかしながら首と同じようにあまりおすすめできません。理由は2つ。

一つ目は手を上げ下げすることが多いから。その都度、周りの人の鼻の近くで香水の香りが拡散されます。少量しか付けていなくても臭いと思われがち。

もう一つの理由は、手で扱う道具や服の袖など、手首が擦れてしまいがちだからです。例えばキーボードやマウスを使うときにも手首が擦れることがあります。長袖を着ているのであれば福と手首が擦れます。香りが落ちやすいのです。もしくは擦れて香りが変質します。

特別なTPOにおける香水の付け方

香水の種類や付け方に注意が必要な場所

お悔やみの席

葬儀などのお悔やみの席に香水をつけていくことはタブーではありません。花や線香の香りがしているくらいですから問題にはなりません。

ただし、華やかな香りや強い香りはその場に相応しくありません。華やかな席ではないからです。別れを悲しむ席です。

ですから、落ち着いた香り選びと、ひとふき程度、付ける量にも気を配る方が無難です。

例えば、色気ムンムンで、臭いくらい香水をプンプン匂いさせていては、周りの人に睨まれても仕方ありません。それどころか、「この人、葬儀に何をしに来ているのか」と疑われてしまいます。

和食・レストラン・ワイン

味は香りです。料理にとって香りは重要。食べ物の好き嫌いは、香りの好みで分かれているといっても過言ではないのです。

そのため、ランチやディナーの時間に合わせて、香水のベースノート(ラストノート)が香るように計算して香水をつける必要があります。

例えば朝9時にオードトワレ(持続時間3〜4時間)を付けて出かけます。すると、香水の香りがほとんど抜けているか、ちょうどラストノートがほんのり香る時間帯に昼食になります。

昼食時にちょうど香りが薄くなるように計算して、香水を付けることがマナーであり、大人の香水の付け方になります。

特に、香りが重要になる和食やレストランだったり、ワインがメインのお店に行く場合には注意。食事する席に置いて、香りの主役は食べ物やワインです。

オフィス

個人を主張するような理念を持った職種や会社ではない限り、華やかな香りや強い香りは、オフィスにおいてふさわしくありません。もちろんオフィスにて、3回以上香水を付けていくことも徹底して避けるべきです。一緒に働く仲間に、臭いと不快感を与えてしまうからです。

会社には理念というイメージがあり、働く職員にはそれを守る義務もあります。信頼や信用が大事なのに、チャラチャラしたイメージや華やかな印象はそぐわないのです。

また香水の種類についても注意が必要。色気を感じるオリエンタル系や甘い香りはオフィスにおいてはふさわしくありません。誰にでも好かれる香りが一番ということ。

爽やかな印象のシトラスノートや落ち着いた印象のウッディノートなどはオフィスにぴったりです。ハーバルノート・マリンノート・フルーティノート・フローラルノートなんかも、オフィスでつけるにはオススメです。

香水がタブーな場所

お見舞い

病室は密閉空間。安全のため窓を開けられない病院もすくなくありません。また病にある人は匂いに敏感になることがあります。

病状と入院生活とに苦しめられている人が入院しています。香水をつけてお見舞いに行くことで、余計に苦しめるなんてことがあってはなりません。

お見舞い相手が大丈夫だとしても、他の患者さんを不快にさせる場合もあります。結局、お見舞い相手に迷惑をかけることになるのです。喜ばれるどころか、「もうお見舞いに来ないでほしい」と言われたっておかしくありません。

ですから病院には香水なしで訪問しましょう。お見舞いが終わって、病院の外に出てから香水を付ければいいのです。アトマイザーなどに香水をあらかじめ用意しておきましょう。

登山

登山する際に香水をつけることは、マナー違反です。しかも登山時における香水は、命の危機にすらなり得ます。スズメバチに攻撃される可能性が高いからです。登山中の香水はタブーです。

スポーツ・アウトドア

登山と異なり危険はありません。ただし、スポーツやアウトドアなど、汗を掻くことがわかっているときに香水をつけると逆効果です。香水は汗で流れます。香水と汗が混ざると臭くて逆効果です。

身体を動かし、汗をかくのであれば、デオドラントスプレーが最適です。デオドラントスプレーは香水と異なり、汗で流れにくいように作られています。汗を抑制して雑菌の繁殖も防ぎます。香水とデオドラントは、つくられている目的が全く異なるのです。

この記事を通じて、香水の世界の奥深さとその多様性をお伝えしました。基本から特別なシーンでの選び方、そして日常とビジネスシーンでの効果的な使い方まで、香水はあなたの生活を豊かに彩る素晴らしいアイテムです。あなたのスタイル、気分、シチュエーションに合わせて香りを選び、香水の持つ魔法で自分を表現してみませんか?今すぐ香りの旅を始めて、あなたの毎日を特別なものにしましょう。この記事で紹介した香水は、あなたの個性を引き立て、周囲とのコミュニケーションを豊かにします。今こそ、自分だけの香りを見つけて、新たな一歩を踏み出す時です。