香りを消す!『アトマイザー』3つの洗浄方法

香りを完全に消し去る洗浄方法はない

 エタノール・お酢・カビキラー。アトマイザーと3種の液体のうちどれか一つをペットボトルなど何らかの容器に入れ、1週間くらい放置しておくと、香水の香りを薄くできます。

より薄くしたいのであれば2週間くらいつけておいても良いかと思います。ただし、3つどの方法を選んでも完全に消し去ることはできませんでした。

1カ月ほどつけておいたらほぼ香りを感じなくなりましたが、かすかには香りが残っているようにも感じます。

香水それぞれに専用アトマイザーを用意することをオススメ

 オススメの使い方は、香水それぞれに専用アトマイザーを用意すること。前回入れていた香水とは異なる香水を入れるとなると、その都度洗浄が必要になるからです。

しっかり香りが消えていないのに他の香水を入れてしまうと、綱渡りのようなバランス感覚で50種類以上もの香料がいい香りでまとまっているのに、それを壊してしまう恐れがあります。

アトマイザーは安価ですし、香水それぞれに専用アトマイザーを用意する方法であれば、いちいち洗浄しなくて済みます。

壊れるまで長くお付き合いすることになるかと思うので、デザインと使い勝手の良いアトマイザーを選びましょう。

>Re:beau60ローケア・イオンドライヤー レビュー-60度低温ドライヤー-

Re:beau60ローケア・イオンドライヤー レビュー-60度低温ドライヤー-

マイナスイオン3,000万・60度低温ドライヤー「Re:beau 60ローケア・イオンドライヤー」を使ってみた感想ページです。