カンタン!素敵なカップルとして印象付けられる男女別『香水選び方』

自分だけ、もしくは2人共がカップルフレグランスの香りが好みでない場合

 二人だけの絶妙なハーモニーを生み出す『カップルフレグランス』。

女性用と男性用とそれぞれの『香水』がつくられているにもかかわらず、2人寄り添うと2つの香りに調和が生まれ、相乗効果で魅力が増してしまう、調香師によって計算され尽くされた2つの『香水』。

ボトルや色はもちろん、香りまでぴったり相性が良いので、香りだけで「素敵なカップルだな。」って印象づけることができます。

いくつかある『カップルフレグランス』の中から選べばいいだけなので、女性用と男性用と、それぞれの香りの相性で悩む必要がなく手軽です。

しかしもし、『カップルフレグランス』の中に自分好みのものが見つけることができなかったとしたら、我慢してつけなければならないのでしょうか。

TPOを考えるともっとカップルフレグランスの選択肢が減る

 『カップルフレグランス』として計算され尽くされた『香水』の方が少ないことはみなさんご存知の通りです。

自分好みの『香水』がたまたま2人とも『カップルフレグランス』だったなんて幸運がなければ、好みではない香りを身につけなければならない場合もあります。

2人が向かう先に合わせて・言い換えるとTPOに合わせた『カップルフレグランス』ともなると、さらに選択肢が絞られます。

果たしてその中から、2人共が好みの『カップルフレグランス』を見つけ出すことができるでしょうか。

相性のよい香水を探すのは実はカンタン!

 結論から言うと、『カップルフレグランス』の中から2人ともが好みの香りを探すことができなくても、我慢してその『香水』を使わなくて大丈夫です。

別のブランド、別の調香師が作った『香水』であっても、相性のよい『香水』は存在するからです。

もちろん『カップルフレグランス』にはハーモニーで劣るかもしれません。とはいえ我慢して好きではない『カップルフレグランス』をつけるよりはマシです。

7種類のファミリー

方法はカンタン。上の表7種の基本ファミリーの隣り合う同士、もしくは同じファミリーから男女別の『香水』を選べばいいのです。

例えばあなたがお気に入りの『香水』ファミリーが「フローラルノート」に属しているとします。

この場合男性用『香水』には「フローラルノート」「オリエンタルノート」「シトラスノート」に分類される『香水』から選ぶと、相性の良い『香水』がすぐに見つかります。

もしも恋人が「フゼアノート」の『香水』を愛用しているのであれば、あなたが選択できる候補はたくさんあります。

「フゼアノート」「グルマンノート」「シプレノート」「オリエンタルノート」「スパイシーノート」と候補は5種類。

「フゼアノート」は「バルサム系」の香りになりますので、同じ系統である「シプレノート」も候補。

そして「バルサム系」の隣である「オリエンタルノート」と「スパイシーノート」と「グルマンノート」も候補として挙がります。

「グルマンノート」と「マリンノート」だけは注意が必要

 「グルマンノート」と「マリンノート」だけは注意が必要です。この2つのファミリーの親は、『香水』によって異なる可能性があるからです。

特に「グルマンノート」はその可能性が高い種類になります。なぜなら使われる香料が決まっていないからです。

「フゼアノート」「シプレノート」「フルーティノート」だけが、メインに使われる香料が決まっているのです。

「フゼアノート」ならオークモス(樹脂系)とクマリン(バニラや桜餅に似た甘い香り)がベース。

「シプレノート」ならオークモス(樹脂系/バルサムノート)やベルガモット(柑橘系)がベース。

「フルーティノート」はその名の通り柑橘系以外のフルーツの香りです。

問題としている残り2つ「グルマンノート」と「マリンノート」の中身を考えていきます。

「グルマンノート」の「グルマン」は食いしん坊という意味。主にベースとして使われる香料は「バニラ」です。

「バニラ」は「スパイシーノート」に属する香りなので「グルマンノート」は「スパイシーノート」に所属させています。

でも「グルマンノート」の香りの特徴は、スイーツのように美味しそうな香り全般のこと。必ずしも「バニラ」をベースにしているとは限らないのです。

「バニラ」以外の香料をメインに使われている場合、その香料が7つのファミリーのうちどこに属するのかを割り出してからでないと、相性のよい『香水』を見つけることが困難になります。

「マリンノート」も同じ。水・海や大気などのを連想させる香りなので、メインに使われている香料が「シトラスノート」「フルーティノート」または「ハーバルノート」と決まっているわけではありません。

とはいえほとんどが「シトラスノート」「フルーティノート」または「ハーバルノート」に属する香料が使われますので「グルマンノート」ほど注意する必要はないでしょう。

相性のよい香水を探す上で最も注意が必要になるファミリーが「グルマンノート」であることだけ覚えておきましょう。

メインとする香りが「バニラ」じゃなかった場合にだけ注意です。

隣同士じゃなくても相性が良い『香水』がある

 同じファミリー、もしくは隣り合うファミリーから『香水』を選ぶと簡単に相性のよい男女別の『香水』を見つけることができます。

しかし必ずしも相性のよい男女別の『香水』が、同じファミリー、もしくは隣り合うファミリーにあるとは限りません。

上級者向けになりますが、実は相性が悪いと考えられる、反対側にいるファミリーの中にも相性のよい『香水』は潜んでいます。

例えば男性用『香水』の中に「フゼア・マリン」というファミリーの香水が存在します。

「フゼア」はバルサム系で「マリン」はシトラス系またはハーバル系です。

表を見てわかる通り、決して相性の良い香料同士ではないにも関わらず、調香師たちは「フゼア」と「マリン」をベースにした香りを作り上げているのです。

具体的には「ダビドフ クールウォーター」という大人気の『香水』のファミリーが「フゼア・マリン」になります。

このように同じファミリー、もしくは隣り合うファミリーでなくても、相性のよい『香水』を見つけることが可能です。

ムエットや付箋に2つの香水をつけて重ねて香りを試す

 自分、もしくは恋人が愛用する大好きな香りがする『香水』と相性が良いかどうか試すために必要なツールは「ムエット」または「付箋」です。

香水屋であればムエットがありますので、1つに自分または恋人の『香水』をつけて、その『香水』と同じ、または隣り合うファミリーの『香水』をもう一方に吹きかけます。

それを2つを重ねて香りを嗅いでみてください。それだけです。2つの『香水』が織りなす香りのハーモニーを試すわけです。

自分の『香水』と恋人の『香水』の相性を試す場合には、家で「ムエット」の代わりに「付箋」や「ティッシュ」なんかを使えば大丈夫。

同じファミリーなら香りのグラデーションを楽しめる

 夕陽や森林、海や空などの色を色鉛筆で塗るときに、同じ色だけ(単色)で表現するとかわいらしく子供らしい絵になります。

一方複数の同系色を重ね合わせて彩ると、リアルかつ美しい、何とも言えない深みある絵に仕上がります。

実在の風景も、同系色なだけで同じ色で夕陽、森林、海、空が出来上がっているわけではありません。

自然が織りなすグラデーションはとてもとても綺麗で神秘的です。

それと同じように、同じファミリーの女性用香水と男性用香水をカップルがつけると、同系統の香り同士で互いの香りを高め合い、深みと厚みを感じる、香りのグラデーションを演出できます。

「シトラス系」なら爽やかなグラデーション、「フローラル系」なら華やかなグラデーション、「オリエンタル系」なら大人の色気あるグラデーションを表現できるかと思います。

異なるファミリーならコントラスト感じる香りに

 「対照・対比」という意味を持つ言葉「コントラスト」。比較対象があるからこそ、よりその人の個性が光ります。

例えばあなたが静かな温もり感じる「ウッディノート」の『香水』をつけているとします。

一方恋人は、ホットで刺激的な「スパイシーノート」の『香水』をつけているとします。

あなたが一人でいる時の印象は、『香水』の香りも手伝って落ち着いた雰囲気や癒し系の女性といった感じ。

しかし恋人と一緒に歩き出した途端、「スパイシーノート」の情熱的で攻撃的な香りとのコントラストが引き立ちます。「冷静と情熱のあいだ」。

あなたが「フローラルノート」で清楚な印象を与えていたにも関わらず、「オリエンタルノート」をつける恋人が来た途端色気まで感じて周りの男性がなんだか悔しがるなんてこともあるかもしれません。

異なるファミリー同士を組み合わせると、コントラストを演出できるので、それぞれの香りを引き立てあえます。

>Re:beau60ローケア・イオンドライヤー レビュー-60度低温ドライヤー-

Re:beau60ローケア・イオンドライヤー レビュー-60度低温ドライヤー-

マイナスイオン3,000万・60度低温ドライヤー「Re:beau 60ローケア・イオンドライヤー」を使ってみた感想ページです。