赤ワインと表現が同じ!欲しい『香水』の香り 店員への伝え方

赤ワインと香水は似ている

 赤ワインと香水はとてもよく似ています。両方とも香りを楽しむものですし、ワインはブドウの品種を、香水は香料を調合することで奥深さを表現しています。

保存方法なんかも似ており、どちらも酸化・紫外線・温度変化に弱いという特性が一緒です。

不思議なのか必然なのか本場と呼ばれる地も同じ。ワインといえばフランスやイタリアが思いつくと思いますが、香水の本場もフランスとイタリアです。

フランスブランドの香水には、クロエ、ディオール、エルメス、ニナ リッチ、カルティエ、ケンゾー、ロクシタンなどがあります。

イタリアブランドの香水には、ブルガリ、サルヴァトーレ・フェラガモ、プラダ、ヴェルサーチ、ドルチェ&ガッバーナ、ジョルジオ・アルマーニ、ヴァレンティノ、グッチなどがあります。

どちらのブランドも、日本では知らない方の方が珍しいほどの名門ばかりです。

香水好きだけでなくワイン好きな方の香水情報も得られやすい

 新しい香水をお探しの際、人からの意見や店員さんの意見を聞くと、お目当の香水に出会える確率が上がります。

しかし、香りには形がありませんので、どのような香りを探しているのか、店員さんへの伝え方が難しく上手に聞くことができません。

そこで、赤ワインと同じようにどのような香りを探しているのかを伝えると、たくさんの人が理解してくれるようになります。

日本にもワインが好きで詳しい方がたくさんいらっしゃいますし、ある程度香水に詳しい方もいます。

ワインと同じ表現であれば、香水に詳しい人の情報だけでなく、ワインが好きな人の香水情報まで得ることができるのです。

体のラインのように「ほっそり」「ふっくら」と表現

 「ほっそり」とした香りといえばもうお分かりでしょう。いわゆる甘さの少ない香りのことです。

例えばレモンなどの酸味が強い香りや、ジャスミンなどの花、ハーブやペッパーなどの尖った香りが「ほっそり」とした香りと言えます。

逆に甘い香りの場合には、「ふっくら」とした印象の香りを探していますと伝えます。バラやバニラなど、甘く丸い印象の香りです。

ワインなんかではこれを、最初は「ふっくら」とした味わいから、「ほっそり」とした香りに変わり、最後にはふんわりと柔らかい「ふっくら」とした余韻を楽しめる感じのといったように表現したりします。

それこそ女性の体のラインのように。香水にもトップノートとミドルノートとベースノートと時間経過によって香りの印象が変わりますので、同じように表現します。

>Re:beau60ローケア・イオンドライヤー レビュー-60度低温ドライヤー-

Re:beau60ローケア・イオンドライヤー レビュー-60度低温ドライヤー-

マイナスイオン3,000万・60度低温ドライヤー「Re:beau 60ローケア・イオンドライヤー」を使ってみた感想ページです。